楽天モバイルが提供しているプランを解説!大まかな注意点も

今回は、多くのユーザーから支持されている楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」についての解説を行います。

楽天モバイルへの移行を考えている方は是非一度読んでみて下さい。

楽天モバイルのプラン内容について解説!

楽天モバイルが提供しているRakuten UN-LIMIT VIは、使用者の通信量に応じた「段階性」のプランとして提供されています

プラン料金:0円~3,278円(税込)
料金変動ステップ(以下)
0~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB以降:3,278円

1か月あたりの通信量に応じた料金が請求される仕組みになっており、例えば月間の使用量が「2,7GB」だった月は1,078円の請求がされ、「0,6GB」だった場合は請求されない、といった具合です。

使用者の使用量に応じた最適な料金が請求される仕組みは多くのキャリアが導入していますが、使った分だけ払うというのは非常に利便性が良いのではないでしょうか。

楽天モバイルのプランの注意点

楽天モバイルのプランの注意点はどのようなものがあるのでしょうか。

・通信料を設定することはできない

楽天モバイルでは、データ上限の設定を行うことはできない仕様になっています。

これにより、例えばドコモのデータ上限設定のような、一定のGBを使用後に通信を制限する、といった使用方法がとれないようになっている部分は注意が必要です。

・提供エリアによって速度制限がかかる

楽天モバイルは現状全てのエリアで自社回線を提供しきれていない状況にあります。

公式サイトにも明記されていますが

楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB

という制限が設けられており、楽天回線がつながらないエリアではパートナー回線(au)を使用した通信へと切り替わります。

例えば〇〇市は楽天回線エリアで△△市がパートナー回線エリアだった場合、△△市で5GBの通信を行うと速度制限にかかってしまい、その状態で〇〇市へ移動した際は速度制限が解除される、といった具合です。

制限されるのはあくまで速度のみで、通信自体が制限されるわけではありません。
制限がかかった状態で使用しても、通常通り料金のステップには加算されていくので注意が必要です。

楽天モバイルが向いている人はどんな人?

楽天モバイルではすべてのショップでサポート体制が用意されていない部分からも、スマートフォンにある程度詳しい人や、通信量を自分でコントロールできる人が向いているといえるでしょう。

操作に不慣れな方や、通信設定などをしっかりと行える自信がない方は注意が必要です。

まとめ

楽天モバイルのプランは非常に利便性が高く、多くのユーザーにとって最適なプランであるといえます。

ですが、エリアによる速度制限の有無や上限設定ができない点など、デメリットに関してもしっかりと留意することが大切です。

おすすめの記事