光回線とケーブルテレビ(CATV)の違いは?

インターネット回線を契約しようとした際に、光ファイバーを用いて設備を構築している光回線と、ケーブルテレビのインターネットが主な固定回線として契約されていることがわかります。

では、この二つの回線にはどのような違いがあるのでしょうか?

今回の記事では、こちらの二つの回線の違いについて簡単に解説していきます。

光回線とケーブルテレビにはどんな違いがある?

光回線とケーブルテレビにはどのような違いがあるのでしょうか。

以下にそれぞれの特徴をまとめてみました。

・光回線

光回線は光ファイバーを用いたデータのやり取りが可能なインターネット回線のことを指します。

電波干渉を受けづらく、データの伝送速度も安定しているのが特徴ですが、それに加えて距離やケーブルの変形にも影響されにくい特徴があります。

繊細がゆえに汚れやほこりといった部分には弱くなっていますが、どこにいても安定した回線を提供してくれるのが最大の強みです。

最大速度は現段階で1Gbpsがほとんどとなっており、インターネットの閲覧からオンラインゲームなど、幅広い用途で十分使用していけるのが特徴です。

・ケーブルテレビ

ケーブルテレビのサービスは、光ファイバーと同軸ケーブルを併用して使用している回線のことを指します。

テレビ局から近い基地局や電柱までを光ファイバーで接続し、そこから各世帯への配分を同軸ケーブルで行っている事がほとんどです。

ケーブルテレビは通常のテレビ信号が届きづらいところでも安定してテレビが視聴できるというメリットがありますが、インターネットの接続においてはそこまで秀でているわけでもありません。

同軸ケーブルの方が通信できる信号の量が少ないことや、複数のケーブルを使用することによる伝送効率の低下などが主な要因であるといわれています。

お互いにそれぞれ特徴や違いがありますが、簡単にどちらを選ぶべきかを決めるのであれば、テレビの契約の有無で決めるのが最も一般的でしょう。

地上デジタルを使わずにテレビを視聴したいのであればケーブルテレビが候補に入ってきますし、インターネット回線だけが必要であれば光回線を選ぶべきであると考えられます。

まとめ

光回線もケーブルテレビも特徴があって便利なサービスに違いはありませんが、それぞれの特徴を理解し必要なサービスを選択して契約することが、利用者にとって最も快適な状況を作り出せると考えられます。





おすすめの記事